毎月の光熱費を意識する大切さ

1ヶ月でだいたいどのくらい光熱費がかかっているか把握している人と把握してない人がいます。こまめに光熱費をチェックしている人はおそらく節約に対して意識のある方だと思います。私は比較的節約が好きなタイプで、常に光熱費はどのくらいかチェックする方です。以前とある知人から「1ヶ月に1万円2万円の節約を意識した生活をするぐらいなら、1ヶ月3万円4万円を稼ぐことを考えた方が家計的には余裕があるんじゃないか」と言われたことがあります。確かにそれも一理あります。光熱費を節約するということは、見方によっては日々の生活を辛抱することにもなるわけで、人によっては寂しい感じに場合もあります。でも私が思うには、人生というのはいい時ばかりではありません、長く生活していれば必ず金銭的に苦しい時期が来るはずです。調子のいい時をベースに物事を考えるのはどうかと思います。常にもしものことを考えて、光熱費などで節約を常に意識した生活をしていくことでもしもの時の備えにもなります。また主婦というのは一家の家計を管理している立場です。家計を管理しているものがいい加減にお金の出費を考えているといつか大変なことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です